タイムセール速報!
開催Amazonタイムセール祭り
期間2021年7月16日(金)9:00~18日(日)23:59
特集セール
開催楽天お買い物マラソン
期間2021年7月19日(月)20:00~26日(月)1:59
特集セール
開催超PayPay祭
期間2021年3月1日(月)0:00~2021年3月28日(日)23:59
特集セール
トレンド定番の食用油、洗剤、酒、肉類はもちろん、コロナ禍に伴うマスクや携帯できるアルコール消毒グッズなども注目!
Amazon

その他:Amazonの季節・イベントごとのキャンペーン・タイムセール一覧

楽天市場

その他:楽天市場の季節・イベントごとのキャンペーン・タイムセール一覧

Yahoo!ショッピング・PayPayモール

その他:Yahoo!ショッピング・PayPayモールの季節・イベントごとのキャンペーン・タイムセール一覧

ネットショッピングで失敗する理由と対策方法!お得な買い物はルール作りが必須!

ネットショッピングで失敗する理由と対策方法!お得な買い物はルール作りが必須!サムネ画像

ネットショッピングの失敗のなかで最も多いのが、『あとで考えたらこれ要らなかったな。無駄遣いしてしまった…..。』というもの。

誰しもあると思いますが、どうしたら買い物で失敗しないで済むのでしょうか?

今回は買い物やネットショッピングで失敗するメカニズムと、対策方法について解説していきます。

買い物の失敗9割はルール作りをしていないのが原因

買い物失敗無駄遣い画像

結論から先に書きますが、買い物の失敗の9割はルール作りをしていないのが原因です。

『こういう時は買う』『そういうときは買わない』といった、ルール作りをしていないから買い物で失敗してしまうのです。

そんなルール作りをしないと、次のような失敗をします。

買い物失敗例1:安さを理由に買ってしまう

スーパーに行くと、『おつとめ品』『3割引』などとシールが貼られた商品がありますよね。ああいった商品を『安いから』と買ってしまうと失敗します。

一見するとお得に買えた気がしますが、あれは物を購入したのではありません。『安いものを買った!お得だった!』という快感を買ったのです。

だからあとから考えて『あ、これ要らなかったな。』なんて状況になるわけです。

特に食料品だと味や質が落ちますので、心身とも健康を害することがあります。メルカリなどのフリマアプリで売るわけにもいきませんし、食欲が落ちて食べなかったら無駄になります。

買い物失敗例2:衝動買いしてしまう

誰しも衝動買いを経験したことがあると思いますが、回数が多いと無駄遣いになりかねません。

衝動買いの原因はストレスや金銭的な余裕からくるものですが、これもやはり準備不足やルール作りをしていないがために起こります。

また衝動買いでは、仕様をよく確認しないで買ってしまいがちです。洋服ならサイズが合わない、ガジェットならデバイスが対応していない、といった失敗が起きやすくなります。

買い物失敗例3:ストレス解消を理由に買ってしまう

ストレス解消のためにものを買ってしまうこともよくありますが、その9割は無駄遣いです。少額ならまだしも、万単位のお金が飛んでしまっては金欠になってしまいます。

またこのストレスに起因する買い物というのは、『依存症になりかねない』という危険性があります。

ストレスを感じたら、そのたびに物を買って解消する。そんな状態が続くと、いつの間にか買い物が止められなくなってしまう『買い物依存症』になることもあります。

参照:買い物依存症を防ぐ対策方法とは?カード払いやリボ払いの正しい理解を!

対策方法:買い物のルール作りをする

買い物ネットショッピングルール無駄遣い防止画像

これらの失敗を防ぐ対策として、買い物のルール作りをする方法が有効です。冒頭で書いた『こういう時は買う』『そういうときは買わない』というものですね。

ただ、無駄遣いを無くし、いつ・どこで・何でも使えるようにするには、もっと根幹になるルール作りが必要になります。

結局自分で守るルールなので、いくらでも破り放題なわけです。ダイエットしてるのに我慢できなくて食べちゃうようなもので、人は自分で作ったルールを平気で破る生き物ですから、それすらも制限する強い縛りが求められます。

そこでおすすめのルールを紹介します。

ルール1:手持ち資金のルール

結局、手持ちに使えるお金があるから利用してしまうわけなので、少し極端ですが、それなら物理的に使えない状況を作りだせばいいだけです。

  • 財布に5,000円以上入れない
  • クレジットカードを財布に入れない
  • クレジットカードの限度額を最低限にする

このようにすれば、『あ、金がない。じゃあやめよう。』と冷静になれます。

ルール2:金額のルール

金額のルールは、お察しの通り『○○万円以内に収める』といったものです。

飲食や洋服、ガジェットなど、買うものそれぞれに使っていい金額を設定しておきましょう。

  • 昼食:月額15,000円(500円×30日)以内
  • 洋服:月額5,000円以内
  • スマホ代:月額3,000円以内(格安SIM)
  • 好きな買い物代:月額10,000円以内

このような感じですね。

ただこれ、作っても簡単に破られるルールの代表格なので、縛りとしては非常に弱いです。なので設定金額を下回った分だけ、他に使いたい場所に回してもいいというルールを作っておきます。

例えば。

  • 昼食:月額15,000円(500円×30日)
  • 洋服:0円(今月買わなかった)
  • スマホ代:月額2,500円(格安SIM:プランを変更した)
  • 好きな買い物代:月額15,500円(洋服代、スマホ代を買い物に回す)

こうすれば使った総量は変わらず、他の部分で満足のできる買い物ができます。

ルール3:「ルールを破ってもいい」というルール

例えば救急車は、急病人のために道路を走るとき信号を無視して走れますよね。そういった『緊急性が高い状況の場合はルールを破ってもいい』というルールを作っておくのです。

緊急性が高い状況というのは、

  1. 急に必要になった生活必需品
  2. 交通手段の確保
  3. これまでで最大の割引キャンペーン

などです。

特にネットショッピングでは、3つ目が最重要項目になります。

一番得するチャンスを逃さないためには、普段からタイムセールや割引の程度を把握しておかなければなりません。『いつもは1割引だけど、今日は2割引だ。』なんて状況の場合は、『破ってもいいルール』として購入しても良いことにするのです。

またこのルールがあると、『ルールを作ったが故に、買い物ができないストレス』のガス抜きとしても機能します。ルール作りは大切ですが、縛り過ぎてフラストレーションが溜まると余計な買い物で発散してしまうことがあるからです。

まとめ:独自のルールを作って買い物の無駄遣いをなくそう

買い物のルール作りをしておかないと、無駄遣いでお金を減らしてしまいます。

失敗しない買い物というのは、『得することよりも、本当に必要なものかを見極める』ことにその本質があるのです。

そして人によって収入や支出が異なりますから、ルールも自分なりに作って守りましょう。買い物で得するのは、なにも安く買うことばかりじゃないですよ。

タイムセール速報!
開催Amazonタイムセール祭り
期間2021年7月16日(金)9:00~18日(日)23:59
特集セール
開催楽天お買い物マラソン
期間2021年7月19日(月)20:00~26日(月)1:59
特集セール
開催超PayPay祭
期間2021年3月1日(月)0:00~2021年3月28日(日)23:59
特集セール
トレンド定番の食用油、洗剤、酒、肉類はもちろん、コロナ禍に伴うマスクや携帯できるアルコール消毒グッズなども注目!
Amazon

その他:Amazonの季節・イベントごとのキャンペーン・タイムセール一覧

楽天市場

その他:楽天市場の季節・イベントごとのキャンペーン・タイムセール一覧

Yahoo!ショッピング・PayPayモール

その他:Yahoo!ショッピング・PayPayモールの季節・イベントごとのキャンペーン・タイムセール一覧